QuintessRepoのTop

4つの基本機能
●分析機能
 ---Top集計、サンプルウェイト付
 ---「R」連携による多変量解析
 ---Repo独自の分析パッケージも
 ---自由回答の注目ワードを集計
●レポート公開・認証機能
●レポート・ライブラリ機能
●データ加工・チェック、外部連携機能
ラインアップと仕様
価格
利用形態と費用例
ご利用方法
導入時のQ&A


ダウンロード(無料)
お申し込み・お問い合わせ

インストールガイド Repoユーザーガイド







(ベーシック・ライセンス) 無料
アンケートデータの分析に携わるスタッフが、自由にデータ入力、加工、分析、レポート作成ができます。分析結果数表はExceファイルlに出力できます。作成レポートは印刷できます。
また、公開されたRepoレポートを閲覧、再分析することが可能です。
但し、自分が作成したデータや、Repoレポートファイルを他の方に配布することはできません。

有料
マーケティング・リサーチに本格的に携わる方のためのサービスです。
ベーシック・ライセンスの機能に加えて、データ品質チェック機能や、電子レポートの作成、配布機能、レポート全体をExcelやPowePointファイルに一括出力できる機能など、実務に便利な機能や、Repo解析サーバーと連携した多変量解析を含む各種分析パッケージ等もご利用いただくことができます。
また、企業や事業所内の複数ユーザーでデータやレポートを共有化でき、共同編集作業ができます。
さらに、Repoレポートの第三者(ベーシック・ライセンス・ユーザーを含む)公開や有料販売や関係者限定公開ができます。
ベーシック・ライセンス版のインストール後に、プロフェッショナル・ライセンス(有料)を取得いただくことでご利用いただけます。
プロフェッショナル・ライセンスは、企業または事業所などの複数ユーザーで1ライセンスを取得して下さい。



オプションメニュー
Professional版でご利用いただけます。
RepoCenterでお申し込み下さい。
●レポート認証公開機能
レポートを限定ユーザー公開する場合は、レポートを限定認証化すると同時に、許可された読者にに対して「閲覧キー」を発行します。
レポート認証公開のためには、レポートのキー認証公開機能の取得と、RepoCebterライブラリ(予定)へのレポート登録が必要です。

●レポート認証公開機能
御社で現在利用しているリサーチ・システムから、データおよび質問設定を直接取り込む際に必要な機能です。
リサーチシステム連携が困難な場合もあるため、事前相談して下さい。



基本仕様(○=可能、★=有料または申し込みが必要)
項目 仕様 Basic版 Pro版
データ データレコード数 無制限。推奨は5000レコード以下(パソコン性能による)
データ項目数 項目数無制限(推奨は500項目以下)。
サブ項目数 サブ項目数無制限
選択肢数 無制限
自由回答文字数 無制限
可能なデータ項目型 SA、MA、数量、FA、SA表、MA表、数量表、FA表、仮想表(バインド)など
質問分岐条件 AND/OR連結。連結数無制限、並行多重条件分岐対応
データ連携 データ定義
読み込み
画面入力
質問設計書(Excel)読み込み
リサーチシステム連携 -
データ読み込み 画面入力・編集
CSVテキスト(カンマ、タブ区切り)。
書き出し項目指定可能。
リサーチシステム連携 -
データ書き出し CSVテキスト(カンマ、タブ区切り)。
書き出し項目指定可能。
データ編集・加工 選択条件作成 条件式またはデータIDによるデータ選択
値置換 データ値の置換
項目連結 複数の項目を連続して1項目化 -
項目組み合わせ 3項目の選択肢またはデータ値から組み合わせ作成 -
計算加工 数量項目・MA個数・FA文字数・乱数の加減乗除、平方根、対数、四捨五入 -
ファイル加工 ファイル結合 単純横連結、照合項目による照合連結(一対一、多対一)など -
ジョイントデータ ジョイントデータ作成 -
ジョイントデータ読み込み、連携
フェイズ展開 反復データのサンプル展開 -
データ品質チェック データ有効性 データ重複、許可/除外リスト照合、欠損値 -
回答違反 選択肢外、数値違反、MA排他項目違反、MA個数違反、非該当入力 -
信頼性 同種項目の値不一致、比較ファイルとの完全一致、回答時間、FA文字数 -
集計 数量集計 単純集計、クロス集計、三重クロス集計についての、件数カウント、数量項目合計。いずれもサンプルウェイト付可能
4重クロス以上の場合は、データ加工をすることで分析可能
データ加工 分析中に、項目連結、項目組合せ、項目計算が可能
数表のタイプ 全結果表、要約表(Top/Top2/Bottom//Bottom2/平均)
数表加工 不明、非該当、表頭数量時の平均・標準偏差の表示有無指定
条件指定による特徴セルへのカラーマーキング
データの条件選択 あらかじめ作成された選択条件による選択。選択条件の作成も可能。
セルダウン 集計表のセル指定によるデータ選択。
ワード集計 ワード頻度集計 自由回答に含まれるワードの頻度集計、クロス集計 -
ワード種類数カウント 各回答者ごとのワード種類数のカウント、クロス集計 -
ワード分解 自由回答原文を品詞単位に分解。品詞指定可能 -
原文コーディング ワード分解を行わずに、指定ワードでコーディング -
データ解析
(R連携など)
相関分析 複数項目間の相関係数を分析
主成分分析 主成分ベクトル、主成分負荷量、寄与率などの他、サンブル散布図、指定項目集計によるバブルチャートも追加出力
因子分析 因子負荷量、寄与率などの基本数表、グラフの他、サンプルの因子得点の散布図、性別・年代などのカテゴリ別の因子得点の平均値によるバブルチャートも出力。最尤法を採用。バリマックス回転も可能。
多次元尺度法 サンブル間の類似性を二次元マップ上に表現。非類似度はユークリッド距離で計算。非計量MDSの場合は、解析精度を表すストレスを出力。各サンプル散布図の他、性別・年代別の平均ポジションによるバブルチャートも出力。
コレスポンデンス分析 元データの他、クロス集計結果を即座に分析、二次元または三次元マップに出力可能。
階層的クラスター分析 データサンブルの類似度を元に分析、デンドログラム(樹形図)を出力。類似度の距離計算はユークリッド距離、その二乗、キャンベラ距離が可能。クラスター計算方法はウォード法以外各種方法が可能。
サンプルクラスターと変数クラスターの分析が可能。結果には、クラスター構成比の円グラフ、クラスターのMDSマップ化も自動追加。樹形図上でクラスター数を自由に変更可能。またクラスターを分析軸ボタンに登録することで他の項目とのクロス集計も容易に。
非階層クラスター分析 k平均法によるクラスター分析。結果として、クラスター構成比の円グラフ、クラスターのMDSマップ化も自動追加。またクラスターを分析軸ボタンに登録することで他の項目とのクロス集計も容易に。
線形回帰分析・数量化Ⅰ類 偏回帰係数の他、予測値と実績値の比較グラフ、残差グラフをレポート出力。
判別分析・数量化Ⅱ類 判別係数の他、判別得点によるサンプル散布図、実際のクラスと判別クロスの比較による正判別率も。
フェィズ展開分析 因子分析、主成分分析、重回帰分析、判別分析でデータサンプルのフェイズ展開重ね合わせ分析
分析パッケージ各種 アイテムMDS、影響要因分析(CS分析)、ネガ/ポジ分析、PSM分析など各種分析
Repo解析サーバー連携 解析専用サーバーと連携した分析、データ加工が可能に。 試用
のみ
レポート作成 作成できるグラフ 横棒、縦棒、積み上げ横、円、折れ線、散布図、以上の複数並列
グラフカラー 1グラフに付き、15色まで。線色、塗りつぶり、水平/垂直/放射型グラデーション可能
グラフセグメント数 無制限(表示スペースによる)
外部分析取り込み 数表を貼り込み、グラフ化
ページデザイン テキスト付き四角枠・円・楕円(塗りつぶし、グラデーション可能)、矢印、図形矢印、ペーパーBOX、凡例BOX、メモBOXなど
ページタイプ 分析ページ、表紙・中表紙、自由ページ、調査設計
ページ数、階層 ページ数無制限。ページ階層4階層。
メインボタン 8個以下(それ以外は、項目ツリーまたはページ目次にて)
分析軸ボタン 7個以下(それ以上は「その他項目」にて)
データ選択条件チェック 8条件以下。それ以上は、条件リストから選択可能
自動コメント 集計結果を元に自動的にコメント記述
印刷・出力 分析画面 印刷
数表のExcel出力
レポート全体 一括印刷 -
PowerPoint出力 -
数表のExcel出力 -
レポート保管
ファイル検索条件 レポート名、概要説明、作成者、更新日時、レポートIDなど
保管場所 Windowsバソコンまたはサーバー内
レポート公開 公開レポート読み込み 閲覧、許可された分析が可能
公開レポート作成 一般ユーザーの閲覧・分析可能なレポート書き出し -
レポート認証公開 閲覧キーにより、特定ユーザーのみに閲覧、分析を許可する -
項目プロテクト データ項目単位の閲覧・編集制限 -
パートナーキー発行 自社の作成したレポートの再編集を他の企業にも許可する -
パートナーキー取得 他の企業が作成したレポートを再編集可能(パートナー元企業は1社のみ) -


動作環境
パソコンOS WindowsVista、Windows7(32/64bit)
WindowsXPは、2013年7月時点で対応中ですが、今後の対応は保障しません。
※Microsoft社の.NET Framework3.5以上が必須です。
上記以外のバージョンについては、Basicライセンス版をインストールの上、ご確認ください。
詳しくは、 導入の手引きをご覧ください。
画面サイズ XGA(1024×768)、SXGA(1280×1024)以上
※このサイズ以下では表示できません。
メモリ 1Gバイト以上。推奨2Gバイト。
(メモリ容量不足の場合、起動に時間がかかる場合があります)
ハードディスク 10Mバイト以上の空きスペース(作業スペース含む。データファイルサイズにより異なる)
インターネット接続 必要に応じて接続できる環境(常時接続できないモバイル環境でも動作します)
※ユーザー登録、アップデートなどを行うため
必要ソフトウェア Excel出力する場合は、Microsoft Excel2000以上が必要
PowerPoint出力をする場合は、Microsoft PowerPoint2000以上



©2010 Quintess,Ltd. All rights reserved.