Repo基礎コース


Repo基礎コース

●データの取り込み方法
●データセットの作成の流れ



Repo基礎コース

●データセットの作成
●分析とレポート作成



Q&Aはこちら



非該当を含めてパーセント計算するには
集計時、通常は、非該当サンプルを分母に含めず、構成比(パーセント)計算をします。

しかし、例えば、ブランド別の普及率を分析する場合、その製品の所有者の中での各ブランド所有率ではなく、国内全世帯ベースでの普及率として計算したい場合があります。
製品所有者のみに各ブランド所有を質問していると、その製品自体の非所有者は各ブランド所有の分析時には「非該当」に分類され、パーセント計算の分母から除外されます。

パーセントの分母に含めて計算し、グラフ化する場合は、「分析詳細」の「結果の表示内容」で「%計算時に分母から非該当除外」のチェックを外して下さい。



©2010 Quintess,Ltd. All rights reserved.