Repo基礎コース


Repo基礎コース

●データの取り込み方法
●データセットの作成の流れ



Repo基礎コース

●データセットの作成
●分析とレポート作成



Q&Aはこちら





データ一覧画面を項目分解画面にして、データを読み込む
設定内容について、データ定義画面で確認する方法と、データ一覧画面で確認する方法があります。


データ内容と単純集計

「Data」をクリックすると、データがあるものについて、内容を表示します。

「集計」をクリックすると、設定されているデータ定義に従い、単純集計します。

データの概略から、分析上問題がないかを確認できます。分析時にも可能です。
質問イメージを確認する
質問ファイルを出力する



詳細な設定内容

分岐条件を含む細かな設定内容を一覧できます。


単純集計

その時、画面上で選択状態にある行について、FAなど集計可能な全項目について単純集計できます。

質問イメージ

設定されているデータ定義を質問イメージにして表示します。
一旦、HTML形式ファイルに書き出し、ブラウザで表示しているため、ブラウザの機能により、印刷、保存が可能です。

対象の項目をマウスでクリック。行位置はどこでも良い。
「質問イメージ」をクリック。
ブラウザを起動して、質問イメージを表示。

データ件数

データの総件数、有効件数などを確認できます。



©2010 Quintess,Ltd. All rights reserved.